ログイン パスワード   新規登録はこちらから  
 
メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 牧師の雑記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  • さやかさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

牧師の雑記 - 《カラス》

ヘッダーナビゲーション

《カラス》2013年07月07日

先日、生ごみを出そうとしていると、1羽のカラスが、出されているごみ袋を一生懸命つついているではないか。散らかされてはたまらないと急いで近づいて見ると、小さな袋に入ったピーナッツのお菓子だった。まだ袋は破られていなかったが、私でも食べたくなるような、新品(?)なので、カラスは苦戦していたのだろう。逃げた彼?がどこかで見ているのではないかと思って見上げると電柱の上に止まっている。
せっかく見つけた食料を取り上げてしまってなんだか可哀そうな気がしてきた。私も食べられるのが嫌ではなく、散らかされるのが嫌なので、袋を拾って開き、カラスの目の前の路上に蒔いた。カラスではなく私が散らかしてしまったのだ。
早く食べにおりて来ないかと、カラスとにらめっこをするが、一向に降りる様子はない。そのあたりを一巡りして来てみると、なんと今度は3羽になっているではないか。餌付けしてしまったのではないかと後悔した。これから私が来ると寄ってくるなんていうことがあったとしたら、カラスもかわいいと感じるのだろう。黒いから、被害を及ぼすからという理由で嫌われてしまうのも必死で生きているカラスにとっては迷惑だろう。カラスも私も神の被造物。私は罪があり赦された者。カラスは?

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

Copyright(c) 2008-2016 多聞福音教会 All Rights Reserved