ログイン パスワード   新規登録はこちらから  
 
メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 牧師の雑記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  • さやかさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

牧師の雑記 - 「父と母」

ヘッダーナビゲーション

「父と母」2013年07月28日

「父と母を敬え。」と言われても、簡単にはそうできないことが多いように思う。私もイエス様に出会っていなければ、このことばの意味が分からなかっただろうし、「敬える親ならいいけど」と反感を持ったことだろう。むしろ「父と母を愛しなさい。」だったら理解できる。また「大切にしなさい」なら誰にでも言えることばだ。
「大切に、愛しなさい、敬いなさい。」ということは、それだけの価値や業績があってこそできると考える。幼い時から苦しめられ、愛情を感じることのなかった人にとっては大きな壁である。ある時に思った。このことばは、親を超えて自分のところに来ていることばだと。つまり、自分の存在を本当に尊いと知った時、両親を敬うことが出来るのだ。イエス様はどれほどの思いで私たちを尊いものとしてくださったことか。なにせ十字架の死を持ってだ。それを、思うと、イエス様に出会えて本当に感謝。こんな私を生んでくださった両親に感謝なのだ。父母を敬うことは、自分を尊ぶこと、そして神さまに感謝することなのだ。

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

Copyright(c) 2008-2016 多聞福音教会 All Rights Reserved